その使い方で大丈夫?身近にある精密機械を扱うときの注意点とは?

私たちの身近にある精密機械と扱い方の注意点とは

精密機械は繊細!身近にあるからこそ取り扱い注意なもの

繊細な部品を使った機械は、誤った認識と間違った使い方で簡単に壊れてしまいます。 自分が正しいと思っていても、実は違っていたということがあります。 説明書には各部の名称、使い方だけでなく注意点やトラブルになったときの対処法が書かれています。 壊れる原因になるものについてみてみましょう。

精密機械は繊細!正しい使い方とお手入れのススメ

一般的に精密機械といえば、細かい部品から成り立ち、精密さや正確さが求められる機械や機器のことを指します。
日常生活の中で多くの精密機械に囲まれて生活している現代人。
普段は意識をしていないし気づかないだけで、便利なものだと思える電化製品のほとんどが精密機械になります。
スマホやパソコン、腕時計、電子レンジにテレビ。
活躍分野は違いますが正確さが求められる精密機械です。
とくに機械は落としたり、圧力をかけたりと衝撃を与えれば当然壊れてしまいます。
中にはタフさを売りにしている商品があります。
落としたり、踏まれても耐えられるのはしっかり守られているからです。
精密機械を衝撃から守るためにケースやカバーを頑丈なつくりにしているものがほとんどです。
ケースやカバーで保護しても、中身の精密さは変わらないので無理な扱いは故障の原因になります。
衝撃のほかにも精密機械が苦手としている環境があります。
生活の中で無意識にしてしまう行動が多く、仮にその場で大丈夫だったとしても時間が経過して誤作動や不具合を起こすことがあるので注意が必要です。
精密機械に限らず「これくらい大丈夫」という感覚だとどうしても扱いが雑になります。
雑な扱いや間違った扱い方では、本来もっている製品の寿命を縮めてしまいます。
壊れやすいものほど、精密部品がたくさん組み込まれているとも言います。
身近なスマホやパソコンの部品を見たことがありますか?
本体がスリムになり小型化しているせいで、部品が驚くほど小さく繊細になっているのがわかります。
精密性の高いものほど初期不良が起こりやすいのも確かです。
部品は機械で作り出されたものではありますが、組み立てるのは人間です。
今回は精密機械だからこそ、生活の中で気を付けたい行為などを見ていきたいと思います。
そして精密機械を長く使うために大事なことをまとめてみました。

苦手なのは人だけじゃない?寒暖差と湿度にご用心

日本の夏季と冬季は、暑さと寒さで大変な思いをします。 日ごろ生活の中で活躍している電化製品も夏季と冬季、梅雨の時期は苦手なのです。 寒暖差で体調を崩す人がいます。 機械も同じく寒暖差や湿度を管理しないと調子が悪くなってしまいます。 長持ちさせるなら、管理のしかたが大切です。

便利なものだからいつまでも使いたい!

人間も動かなければ体が錆びついてしまいます。 生活の中にある身近な精密機械も、大事に仕舞い込むより使うほうが良いのです。 通電せずに放置するとどうなってしまうのか? 内容を見て心当たりがある人は、使い方を見直してみましょう。 ベストな状態を保つ方法も一緒に考えてみてください。

TOPへ戻る